キモおいしい 幼虫チョコレート

スポンサードリンク

幼虫チョコレートをキモおいしく食べよう

幼虫チョコレートというものが最近人気なのを知っていますか?幼虫チョコレートとは、創作和菓子屋の小松屋本店から発売されている、虫の幼虫の形をしたチョコレートです。幼虫チョコレートという名前にふさわしく、その完成度は非常に高く、人気を博しています。幼虫チョコレートを形容する言葉として「キモおいしい」がありますが、その言葉に見合うほどのリアリティがあります。例えば、幼虫チョコレートの一つで、カブトムシの幼虫を再現したチョコレートが売られています。蚊等だ部分はフレークを混ぜたハイミルクチョコ、その上に薄くホワイトチョコを書けたものになっています。足はなんと裂きイカ、口はオレンジピール、できばえもまるで本物そっくり。見た目だけ考えると気持ち悪いと思ってしまいがちですが味は絶品、だから「キモおいしい」というキャッチフレーズが使われるようになりました。

幼虫チョコレートを買って食べよう

幼虫チョコレートを売っている小松屋本店は秋田県横手市にお店を構えていますので、秋田県に住んでいる人でないと買いに行くのは大変です。だからといって食べられないわけではありません。送料がかかりますが、通販で取り寄せることもできます。小松屋本店から全国に発送してくれるので、関東や関西に住んでいて、この幼虫チョコレートのキモおいしさを体感してみたいという方は、「幼虫チョコレート」というキーワードで検索をかけると簡単に小松屋本店のホームページにジャンプできますので、そこから注文しましょう。24時間体制で受け付けていますし、クレジットカード決済だけでなく、コンビニ決済もできますので注文もやりやすいですね。幼虫チョコレートの値段は種類にもよりますが1個250円前後、纏め買いして送料を安く済ませればリーズナブルに食べれますね。

スポンサードリンク