結婚式 お金 常識

スポンサードリンク

結婚式で支払うお金の種類と金額

結婚式のお金に関する常識は種類もたくさん、金額もいろいろあって複雑ですよね。結婚式ではお金を払うシーンがたくさんあるし、さらにその種類は多岐に渡ります。そのため、誰が・いつ・どんな形でお金を払えばよいかわからなくなることもあると思います。でもきちんと払わないとヒンシュクを買ってしまいますよね。結婚式当日に支払うお金の種類としては、まずはご祝儀・スタッフさんへの心づけ・主賓へのお車代・仲人への謝礼・遠方のお客様への交通費・結婚式費用の分担などがあります。それぞれに特徴的なルールが設けられています。

結婚式と結納のお金に関する常識

結婚式のお金に関する常識として代表的なものに、式を行う際に男性側から女性側に贈る結納金が上げられます。一般に男性側のしきたりに従うのが普通とされていますが、女性側から結納返しを行う地方もあります。また、仲人への結納のお礼もまた、結婚のお金に関しての常識のひとつです。結納の当日、その場所までのタクシー代の1.5〜2倍(近い場合は3倍程度)をお車代としてお土産と一緒に渡すのが普通とされています。またそれだけではなく、結納後一両日の間に両家の両親がそろって仲人さんの家を訪問して正式にお礼をします。謝礼はいただいたお祝いの2倍程度、さらに表書きは両家の連名で、なおかつ「御礼」とすることが普通です。なお結納からお願いした仲人さんであっても、結納とは別のお礼を用意することも、結婚式のお金に関しての常識のひとつとなっています。

その他結婚式のお金に関する常識

結婚式のお金に関する常識には他にもあります。例えば、主賓へのお車代も距離によりますが5000円〜1万円で、また入れるお金によって入れる袋を買えることが結婚式のお金に関しての常識のひとつといえます。5000円ならポチ袋、1万円なら封筒に入れて受付の人に預けておきます。記帳のときにそっと渡してもらうと良いでしょう。ただし、ハイヤーを手配した場合には不要です。

スポンサードリンク