ロックウール吸音板

スポンサードリンク

ロックウール吸音板で音の響きを調節できる!

ロックウール吸音板は、その名の通り発せられた音を吸収して外に漏れなくしたり、残響を防ぐするために使います。例えば、天井にロックウール吸音板を使ったものと、クロスを使ったものでは音の響きが全然違います。同じ音でもロックウール吸音板を使ったほうでは適度な響きなのに対し、クロス仕立てのほうは音が響きすぎて、体育館で聞いているかのような音が出てきてしまいます。また、ロックウール吸音板は騒音の中でも声を聞き取りやすくしてくれます。全面をロックウール吸音板で施工した部屋とクロス仕立てにした部屋で同じ音を流しても、前者ではクリアな音質で聞き取れますが、後者ではノイズが入り非常に聴きづらい音になっています。このように、ロックウール吸音板を使えば音の響きも、ノイズもカットでき、非常にクリアに音を聞くことが出来るようになります。

ロックウール吸音板があると良い部屋は?

ロックウール吸音板の機能が最大限に発揮される場所は、音がたくさん流れる場所です。例えば、居間であれば人の声という音がたくさんあるので、その音を残響させないロックウール吸音板は最適です。また、最近はホームシアターなどをやる家庭もあると思いますが、テレビやオーディオ機器を備えた部屋もロックウール吸音板の効果が期待できます。天井からの音の跳ね返りを防ぐので、映画の音などの臨場感もより高まるでしょう。また、室内の最適残響時間が0.5秒といわれていますが、ロックウール吸音板は幅広い周波数(音の高さ)で0.4〜0.5秒の残響時間を持っており、非常に音を聞き取りやすい環境にしてくれます。フローリングの部屋は音が残響しやすいですが、ロックウール吸音板を使うと畳の部屋と同じくらい残響時間が短くなり、音が聞き取りやすくなるといわれています。

スポンサードリンク