骨盤引締め体操

スポンサードリンク

栄養指導は幼児のうちから

栄養指導は幼児期から行われています。子供や幼児の食事は偏食をせずにバランスよく摂ることが一番大切です。栄養指導で幼児に大切と言われているのは、栄養バランスを考慮して食材の頭文字を集めて作られた「まごわやさしい」の食生活を教えることです。まごわやさしいとは、ま=豆類、ご=ごま、わ=ワカメや海藻類、や=野菜、さ=魚や肉、し=シイタケなどキノコ類、い=イモ類とされています。栄養バランス摂れているかな〜??と思った時には、この言葉を思い出してチェックしてみましょう。この組み合わせで食事をすると、ビタミンやミネラル・カルシウム・マグネシウムなどの必須栄養素が摂取できるので健康管理バッチリです。

栄養指導で幼児に必要なこと

栄養指導で幼児に必要な話は、楽しく食事をすること・食事のリズムを整えること・主食、主菜、副菜をきちんと摂る・炭水化物をしっかり摂る・野菜や果物、乳製品や魚、豆類を摂る・塩分や脂肪を控える・地域の食材を生かした料理を食べるなどです。栄養指導を幼児にしても、まだまだわからないことのほうが多いので、普段から自宅で家族が規則正しい食生活を送り、季節の食べ物を積極的に摂ったり、食事ができることの感謝・昔の食生活などを話して聞かせることが重要です。栄養指導で幼児の食事に関心を持ち、家族ぐるみで栄養バランスを考えて実践していくことで、大人もメタボリック予防や生活習慣病の予防になりますから一石二鳥ですね。

スポンサードリンク