食中毒症状 下痢

スポンサードリンク

食中毒の症状

食中毒の症状=下痢と結び付けている人も多いはず。しかし、食中毒の症状は下痢だけではなく、嘔吐・発熱なども含まれています。細菌やウィルス、あるいはそれらが産生した毒素に汚染された食べ物または化学物質に汚染された食べ物を摂取することによって起こる中毒を食中毒といいます。他にも原因として、ジャガイモの芽・毒キノコ・フグ毒・農薬・寄生虫・原虫なども原因となりえます。最も多いのは微生物が原因のもので、微生物が付着していたからといってその食品の見た目や味は変わりません。そのため、どのような食物が原因となりやすいかをよく把握しておくことが重要になります。食中毒の症状は主に下痢・嘔吐・発熱などがあり、重篤な場合は腸に穴があいて、その穴から細菌やその毒素が腹腔内へ出て行き炎症を起こします。これが腹膜炎で、ショック状態を起こして命に関わることもあります。また、一部の菌は腸で吸収されて、血液にも入り込んで敗血症を起こします。一般に人から人へ伝播することはありませんが、腸管出血性大腸菌O-157・赤痢菌のような感染力の強い菌は例外です。

下痢を起こす食中毒

食中毒の症状は下痢型・嘔吐型に大別することができます。食中毒の原因菌で、症状として下痢を起こすものは赤痢菌・コレラ菌があげられます。どちらも菌に汚染された食べ物を摂取して食中毒を起こしますが、症状は全く異なります。赤痢菌は腸の細胞を破壊することによって血液が混じった粘液状の下痢を出すのが特徴です。一方、コレラ菌は腸の細胞に取り付いて水を腸管に送り出す働きを異常に高めます。そのため、血液が混じらない米のとぎ汁のような激しい下痢が起こります。

食中毒と下痢止め

食中毒の症状で下痢を起こしている人は、水分が便に奪われてしまうので、脱水症状を起こしやすくなっています。水分と一緒にミネラルを失っているため、スポーツドリンクなどを普段よりも多く補給させる必要があります。安易に下痢止めを使うことは避けます。細菌性食中毒の症状の下痢は、生体防御反応のひとつなので、下痢止めでこれを抑えてしまうと、細菌またはその毒素の排泄が遅くなって、症状が悪化してしまう可能性があります。

スポンサードリンク