フードマイレージ 地産地消

スポンサードリンク

フードマイレージは地産地消で減らし、環境に優しい生活へ

フードマイレージとは、どこかの地域で取れた農作物などを運搬するときに必要なエネルギーに相当し、地産地消とはその地域で取れた農作物などをその地域で消費することを意味します。そのため、フードマイレージの値は距離と輸入量の積で表現されます。日本のフードマイレージは5000億[t・km]と、先進国諸国に比べてダントツに多い数字となっています。この値が大きいということは、運搬にかなりのエネルギーを使っていることになりますので、環境に負荷をかけている度合いが大きいと言い換えられます。そこでフードマイレージを減らす方法として、地産地消が提唱されています。フードマイレージは運搬にかかる距離が重要なファクターですので、距離を短くできる地産地消を推進することで、海外からの輸入よりもうんと少ないフードマイレージにすることができます。フードマイレージを地産地消で減らしていくということは、国産の食物を食べることにもつながりますので、国家全体で行えば輸入費の抑制にもつながりますし、環境への負荷の低減にもつながります。

フードマイレージを地産地消で減らすには?

フードマイレージを地産地消という手段で減らすときに最も簡単な手段は何かと言うのを考えてみましょう。輸送や運搬という作業をしなくてもよい食物を食べるということですので、最も簡単な方法として家庭菜園がよいでしょう。家庭菜園であれば家のすぐそばで食物を作ることができるので、フードマイレージは限りなく0に近く、地産地消もできています。また、自分で育てるという愛着もあって、「環境に優しい生活を意識する」ということを通り越して趣味になってしまう可能性もありますね。フードマイレージは食料自給率40%の日本が抱える大きな食糧問題ですので、地産地消といった小さな方法からでも進んで実践し、食糧問題と環境問題に気を配った生活をするようにしましょう。

スポンサードリンク